2019/07/18

2019夏季特集を7月19日に発売します(掲載内容はこちら)。

【掲載内容】

特集 国際化時代に立ち向かう

・日本の酪農乳業を取り巻く巨大貿易協定

・国際化リスク回避へ 加工(脱脂粉乳・バター等向け)比率30%台に低下

 ホクレン

・強固な生産基盤をつくり消費者の国際需要に応える 大山乳業農協

・国際競争の原点は国民の期待に応えられる酪農乳業であり続けること

 東倉健人 森永乳業執行役員生産本部酪農部長

・EUは酪農・乳業をどう支え、強化してきたか

 鈴木宣弘 東京大学大学院農学生命科学研究科教授

・チーズ市場の発展へ 国産品と輸入品の調和必要 ラクト・ジャパン

interview:改正畜安法2年目の課題

・酪農の未来には適正な生乳取引が必要

 矢坂雅充 東京大学大学院経済学研究科准教授

・共販率の低下は価格交渉力の低下

 清水池義治 北海道大学大学院農学研究院講師

酪農

・(牧場を訪ねて/ギガ・メガファーム)ロータリー型ロボを2台並列

 浜田メイプル牧場(島根県浜田市)

・(牧場を訪ねて/ファミリーファーム)日本初のA2ミルクに挑戦

 ナガホロ(北海道根室管内中標津町)

表紙&カラー:デーリィプロQ国内初号機が稼働

・Special Interview 日本酪農の持続的な発展へ「スマート酪農」実現図る

 太田哲郎 オリオン機械代表取締役社長

・ユーザー訪問 出荷乳量1万㌧超のギガロボットファームへ

 中島生産組合(北海道十勝管内中札内村)

カラー

・健康と地域共生へCSR推進 生命科学を基に企業の責任を果たす

 ヤクルト本社

流通

・〔わがマチの牛乳屋さん〕「スマイル」をキーワードに地域に愛される牛乳販売店へ すまいるステーション(山形県遊佐町)

乳業

・〔牛乳・乳製品市場展望〕「踊り場」迎えた発酵乳

 トップメーカー明治の商品施策

・〔ヒット商品のウラ側〕よつ葉乳業 キャップ付き牛乳

 扱いやすさを徹底追及 発売以来、売り上げ右肩上がり

国際

・〔World Dairy Report〕韓国の酪農乳業情勢

 植田展大 農林中金総合研究所基礎研究部研究員

ライブラリー

・〔ニューリーダー〕農水省牛乳乳製品課/Jミルク/日本乳業協会/関東生乳販連

・〔デーリィタイムライン〕2019年上期(1~6月)

コラム

・〔Dairy Farming 4.0〕国内外にみる、酪農でのICT利活用とその実態

 本多壮一郎 ファームノート執行役員プロダクト統括

・〔今の私があるのは…〕人との輪でサミット実現

 砂子田円佳 酪農女性サミット実行委員会委員長