2019/05/31

道南最大メガFへ、スプライズファーム竣工

 北海道渡島管内八雲町の酪農家5戸が設立した共同経営法人、株式会社スプライズファーム(古田良実社長)は5月30日、経産牛650頭規模を誇る新牧場の竣工式を開いた。6月1日から搾乳を始め、3~5年後をめどに年間出荷乳量6500㌧を目指す。達成すれば、道南最大のメガファームとなる。
 酪農家5戸がスプライズFを立ち上げたのは「離農に歯止めがかからない中、このままでは先人が築き上げてきた八雲酪農を守れなくなる」(古田社長)と判断したため。共同経営に移行し最新の設備を導入することで、後継者らが意欲を持って営農できる牧場にしたい考えだ。続く…。

お申し込み