2020/01/15

富良野のメガFが「デーリィプロQ」導入へ

 北海道富良野市のメガファーム、株式会社SALICS DAIRY(磯江真徳代表、18年度出荷乳量3200㌧)は今春、独GEAの全自動ロータリーパーラー型搾乳ロボット「デーリィプロQ」を備えた新牛舎を建設する。同機の導入は道内2例目、全国では3例目。稼働は21年春の見込みで、最終的には搾乳牛1000頭、出荷乳量1万㌧超のギガロボットファームを目指す。続く・・・。

お申し込み