2018/05/17

ロータリー型搾乳ロボ、希望農場で6月稼働

 デラバルは5月16日、北海道根室管内中標津町のメガファーム、有限会社希望農場(佐々木大輔代表取締役)の新牛舎で、ロータリーパーラー型搾乳ロボット「AMR」のオープニングセレモニーを開いた。AMRの導入は、希望農場が国内はもとよりアジアで初めて。世界でも15台目だ。早ければ6月15日から稼働する。続く・・・。

お申し込み