2019/04/01

新たな補給金制度、スタートから丸1年経過

 改正畜安法の下、新たな加工原料乳生産者補給金制度がスタートしてから、4月1日で1年を迎える。指定団体以外にも補給金が交付されるようになったほか、全量無条件委託の原則も撤廃され、酪農家はこれまで以上に生乳の販売自由度が広がることになった。だが、初年度は、新制度を活用した動きは限定的だったと言える。大宗の酪農家は引き続き指定団体への出荷を選択した。新制度1年目の主な動きと課題をまとめた。続く…。

お申し込み