2019/04/01

4月に入管法改正、酪農の人材確保にも期待

 4月から外国人労働者の新たな受け入れ制度がスタートする。国は出入国管理法を改正して農業を含む14業種で新たな在留資格を設け、不足する人材の確保に充てる。新制度施行から23年度までの5年間に農業全体で最大3万6500人を受け入れる方針で、酪農現場などから人手不足解消につながると期待がかかる。続く…。

お申し込み