2019/06/06

5歳以上の乳雌牛減少、長命連産対策が課題

 Jミルクはこのほど公表した19年度の生乳・牛乳乳製品需給見通しから、今後の生乳生産動向を占う全国の月齢別乳用雌牛頭数の推移と出生頭数を初めて明らかにした。全国では2歳未満の頭数が増加、2歳以上はおおむね前年並みで推移する見込み。ただ、5歳以上の乳牛は供用期間の短縮で、過去5年で最低水準の30万頭にまで落ち込んでおり、今後の生産基盤確保には長命連産に向けた対策が課題となっている。続く・・・。

お申し込み