2019/07/01

搾乳牛増で年度後半の増産に弾み・ホクレン

 ホクレンの伊藤政光副会長は6月28日、北海道の生乳生産動向について「6月中旬までの今年度累計は前年比1%増の88万2982㌧。春先の分娩頭数が前年を上回ったことや、1頭当たり乳量が増加基調にあることで堅調に推移している。当面は同水準の増産が続く見込みだ。年度後半には搾乳牛がさらに増加する見通しで、増産に弾みがつくと期待している」と強調した。JAグループ北海道が札幌で開いた定例会見で述べた。続く・・・。

お申し込み