2019/07/01

酪農コントラクター育成事業に着手・青森県

 青森県(18年度生乳生産量6万8000㌧)は今年度から、独自にコントラクター育成事業に乗り出す。農協や酪農家などを構成員とする協議会を設立し効率的な収穫機械の運用や料金体系などを検証・協議し、組織の立ち上げを促す。作業外部化(アウトソーシング)の受け皿を整備することで家族経営の労働負担の軽減や自給飼料の増産につなげたい考えだ。続く・・・。

お申し込み