2019/07/04

NC調達先の乳量低迷で輸入価格が値上げへ

 日本の19年7月以降のナチュラルチーズ(NC)輸入価格は、主要調達先のオセアニアとEU(欧州連合)ともに値上がりすることが7月3日までに分かった。干ばつなど悪天候が各国の生乳生産に打撃を及ぼしていることが大きい。EUが抱えていた脱脂粉乳の公的在庫が消化され、これまでチーズ製造に回されていた生乳が脱粉に仕向けられやすくなったことも影響している。関係筋は「今年前半は輸入NCが値下がりしたが、それ以前の価格帯に戻る」と話しており、日本の乳業・チーズメーカーは物流費や人件コストなどの増加に加え、原材料費の高騰にも直面する形となっている。続く・・・。

お申し込み