2019/09/30

バターは一服感、脱粉は余剰が継続・市況

 9月の業務用乳製品市況は、年末の最需要期を目前に控えたバターの需給に一服感が出ている一方、脱脂粉乳は余剰感が継続した状態が続いている。7月の「梅雨寒」による飲用消費の停滞で生乳の加工仕向け量が増加したのが要因。ただ、バターは賞味期限の短い家庭用が12月に向けて生産のピークを迎えている最中で、安定供給に向けてなお予断を許さない状況だ。続く・・・。

お申し込み