2019/10/02

牛乳値上げから半年、消費への影響は限定的

 4月1日の牛乳値上げ(飲用向け乳価1㌔当たり4円引き上げ)から10月1日で半年が過ぎた。この間、牛乳の消費は梅雨寒の影響で7月こそ前年を大きく下回ったものの、8月以降は回復基調にあり、値上げの影響は「限定的」との見方が支配的だ。懸念されるのは1日からスタートした消費増税(8%→10%)の影響。牛乳は軽減税率の対象とはいえ、消費者の節約志向が一段と強まるのは必至で、販売動向に注目が集まりそうだ。続く・・・。

お申し込み