2019/12/26

オセアニアとEUが対日NC輸出価格値上げ

 オセアニアとEUは20年上期(1~6月)から、チェダーやゴーダ、モッツァレラなどを中心に対日ナチュラルチーズ(NC)輸出価格を引き上げる。前期の19年下期(7~12月)から、2期連続の値上げ。豪州の干ばつやEUの脱脂粉乳在庫の解消、アジアを中心とした需要の高まりなどで国際チーズ相場が上昇しているのが要因。現地乳業が乳価値上げに踏み切ったことも大きい。「現在のチーズ価格は健全な水準を上回っている」(オセアニアの乳業関係者)と見る向きもあり、日本のチーズメーカーにとっては厳しい経営環境が続きそうだ。続く・・・。

お申し込み