2020/02/04

20年度生乳生産1・5%増見込む・Jミルク

 Jミルクの前田浩史専務は1月31日、農水省が開いた乳製品需給等情報交換会議後の会見で20年度の牛乳・乳製品の需給見通しについて説明した。全国の生乳生産量は747万2000㌧、前年比1・5%増(閏年修正後747万2000㌧、1・8%増)と見込み、北海道は増産基調が続き、都府県も減産幅の縮小を予測した。乳製品需給は、バターについては生産が需要を依然下回るが、脱脂粉乳は生産と需要がほぼ均衡し、在庫は高い水準で推移すると予想した。続く…。

お申し込み