2020/03/12

学乳休止の影響、「深刻」「重大」が8割超え

 全国乳業協同組合連合会(会長・長谷川敏永利牛乳社長)は3月11日までに、新型コロナウイルスによる学乳休止が中小乳業の経営にどのようなダメージを与えているか緊急調査を行った。会員乳業のうち「深刻」または「重大」な影響があると回答した企業が8割を超え、資金繰りなどに大きな懸念が広がっている実態が明らかになった。続く・・・。

お申し込み