2020/10/08

クラスターで搾乳ロボット46台導入・北海道

 北海道農政部は10月7日までに、19年度補正予算の畜産クラスター事業(施設整備)で、全道45件(通常枠と国産チーズ振興枠、肉用牛・酪農重点化枠の合計)の計画が採択されたことを明らかにした。補助金配分額は103億3100万円で、全ての要望が採択された。地域別に見ると、根室が8件と最多で、オホーツクが7件などとなっている。石狩や日高、渡島など酪農・畜産主産地以外でも取り組みが進んでいる。
 酪農関連で採択されたのは41件。続く…。

お申し込み