2020/10/09

デントコーン最終盤、道東は「大豊作」の声

 北海道でデントコーンの収穫作業が最終盤を迎えている。一部地域では強風による倒伏や、すす紋病の発生が確認されているが、道東を中心に「近年まれに見る大豊作」との声も聞かれるなど、全道的には収量・品質ともに平年並みかそれ以上のものが採れているようだ。来年以降の生乳生産に弾みがつくと期待されている。
 「今年は出来すぎ。いつもはバンカーサイロ1本につき40㌶分のコーンが必要だが、30㌶で埋まった」続く…。

お申し込み