2020/11/11

北海道で感染急増、今後の生乳需給に危機感

 新型コロナウイルスの感染者急増を受け、北海道の酪農乳業関係者が危機感を強めている。冬の生乳不需要期に感染が拡大すれば、生乳需給が破綻する恐れがあるためだ。道内の酪農乳業は今春同様、生乳廃棄の回避に向け、一丸となった取り組みが求められそうだ。
 道内の感染者は11月9日、新たに200人が確認され、1日当たりの過去最多を更新した。続く・・・。

お申し込み