2020/12/17

バター等出口対策に17億円・20年度3次補正

 農水省は20年度第3次補正予算で、業務用バターなどの過剰在庫解消の出口対策として「国産乳製品需要拡大緊急対策事業」(予算額16億9000万円)を新規計上した。
同事業は3次補正予算のポストコロナ関連予算として、「肥育牛経営改善等緊急対策」(176億円)の中に盛り込まれた。新型コロナ感染拡大の影響で、インバウンド減少や外出自粛で業務用乳製品の需要が落ち込む中、バター、脱脂粉乳の在庫量が高水準にあり、不需要期にさらに積み増す恐れがある。このため乳業者のバターなどの国産乳製品の需要拡大の取り組みを支援し、不需要期も生乳増産を維持しながら需給調整を図ることを目的にしている。続く・・・。

お申し込み