2021/02/15

北海道の生乳取引交渉、出口対策めぐり難航

 〔札幌〕ホクレンと乳業メーカー各社との21年度生乳取引交渉が難航している。新型コロナウイルスの感染拡大で乳製品在庫が過去最高水準近くまで積み上がるなど、生乳需給が大幅に悪化しているためだ。処理不可能乳(生乳廃棄)の発生を回避するには、乳製品の出口対策や処理量の拡大が不可欠だが、交渉の着地点を見つけるのは容易ではなく合意に至っていない。続く…。

お申し込み