2021/03/23

配合飼料価格過去最高水準で酪農経営を圧迫

 配合飼料価格の続騰を受け、酪農経営への影響を心配する声が高まっている。全農やホクレンは先週、次期(21年4~6月期)価格を全畜種平均で1㌧当たり約5500円引き上げると発表した。値上げは3期連続で、高騰前と比べ1万円以上上昇するだけでなく、過去最高水準の1㌧当たり約8万円に達する可能性が高い。道内の酪農家は「このコストアップは痛い。飼料添加剤などの価格も上がっており、経営が一気に圧迫される」と険しい表情だ。続く・・・。

お申し込み