2021/03/26

ホクレン分割はMMB解体した英国の二の舞

 指定団体ホクレンを分割してしまったら、規制緩和の名の下に生乳販売組織MMB(ミルク・マーケティング・ボード)を解体し乳価下落や離農を招いた英国の二の舞になってしまう―。政府の規制改革推進会議農林水産ワーキング・グループ(WG)の委員から出た「指定団体ホクレン分割論」に酪農関係者から反発の声が相次いでいる。英国では四半世紀前のMMB解体後、酪農家の組織力や価格交渉力が弱まり、乳業メーカーが乳価決定権を掌握。英国政府が今になってその是正に取り組む事態となっている。指定団体の分割が酪農家のためにならないのは英国の例からも明らかで、WGには慎重な議論が求められる。
 英国でMMBが誕生したのは1933年。続く・・・。

お申し込み