2021/09/16

都府県で若齢牛が減少、基盤強化に不透明感

 都府県で2歳未満の若齢雌牛頭数が低空飛行を続けている。黒毛和種の種付け割合(F1交配率)の増加や離農の加速など、総合的な要因が背景にあるとみられる。足元の生乳需給は大幅な緩和基調で推移しているものの、中・長期的には酪農基盤強化の継続が依然として大きな課題となって、続く…。

お申し込み