2021/11/16

次世代の乳牛用飼料、日本製紙が市場投入へ

 日本製紙(東京都千代田区、野沢徹社長)が、次世代と言うべき画期的な「乳牛用飼料」を独自開発し、実証実験に精力的に取り組んでいる。開発したのは、同社ならではの木材を原料とした木質系飼料。粗飼料と濃厚飼料双方の、・・・続く。

お申し込み