2018/10/31

ほぼ全戸で自家発電機導入へ・釧路丹頂農協

 釧路丹頂農協(北海道釧路管内鶴居村、17年度出荷乳量9万8900㌧)の武藤清隆組合長は10月30日までに、今後1年程度の間に酪農家134戸のほぼ全てで自家発電機の導入を目指す方針を明らかにした。全道停電(ブラックアウト)のような想定外の事態に見舞われても、酪農家が搾乳できるよう万全の備えを整えたい考え。酪農乳業速報など北農記者クラブの取材に答えた。続く…。

お申し込み