2018/11/14

大手乳業メーカーのQ2、コスト増で大幅減益

 大手乳業メーカー3社(明治ホールディングス、森永乳業、雪印メグミルク)がこのほど発表した19年3月期第2四半期の業績(18年4~9月)は、いずれも大幅な減益となった。原材料など各種コストの増加や、9月に発生した北海道胆振東部地震と全道停電などの混乱が響いた。各社は下期の業績回復に向け、プロダクトミックス(PM、商品構成)の改善や積極的な販促で巻き返しを図る方針だ。続く…。

お申し込み