2018/11/14

都府県乳業の量販店への出荷制限緩和の兆し

 都府県の乳業メーカーが9~10月にかけ量販店等に実施していた牛乳の出荷制限が、11月に入って緩和に向かい始めた。一時落ち込んでいた北海道の生乳生産が回復基調にあり、これにともなって生乳の道外移出が順調に推移しているためだ。飲用消費がピークを過ぎたことも大きい。乳業各社は「今後、牛乳供給は平常通りの供給体制に戻るのではないか」と先行きを見通している。続く…。

お申し込み