2018/12/25

都府県飲用乳価交渉、大手乳業4円値上げ回答

 都府県の19年度飲用向け乳価交渉は、年内妥結に向け大詰めの段階に入った。指定団体側が「1㌔7円以上」を要求したのに対し、大手乳業は「4円」の有額回答を行っており、12月21日現在、双方の溝は完全に埋まっていないが、来年4月からの牛乳小売価格値上げには年内決着が絶対条件。「飲用の一部用途の微調整が残っているが、12月最終週には決着しそう」(大手A社)な情勢にある。値上げが実現すれば4年ぶり。北海道も都府県の飲用乳価妥結を受け、年明け直後に用途別乳価を決めることになりそうだ。続く・・・。

お申し込み