2019/01/18

ほくれん丸を大型船に切替え・川崎近海汽船

 川崎近海汽船の赤沼宏社長は1月16日、「北海道釧路港と茨城県日立港とを結ぶ航路(ほくれん丸、第2ほくれん丸)を大型船に切り替えることを決めた」と述べ、生乳の道外移出を担うほくれん丸を更新することを明らかにした。同社が札幌で開いた新年懇親会で述べた。
 同社とホクレンによると、2隻の更新は新たに造船するのではなく、北海道苫小牧港と茨城県常陸那珂港とを結ぶ「冨王丸」「ほっかいどう丸」の2隻を一部改修し、ほくれん丸、第2ほくれん丸として活用する。切り替え時期は4月と5月。運航スケジュールは、釧路港18時発・日立港14時着(北上便は逆)で、これまでと変わらない。続く…。

お申し込み